~良薬は口に苦し?の巻~

 『鬼滅の刃』・・・話題ですね~(*´з`)。

 気になってついついネット配信されているアニメの一話を見はじめちゃって、ハマるハマる(*´Д`)。最終話までイッキに見た挙句、漫画を買いたくなって本屋に行ったら売り切れちゃって一冊もないという大ブームっぷり。

 

 ご存じない方のために簡単に説明いたしますと、原作漫画は週刊少年ジャンプに連載中。「鬼」に家族を惨殺された主人公「竈門炭治郎」が、仲間とともに「鬼」にされた妹を人間に戻す方法を探しつつ鬼と戦う物語。主人公たちはもちろん、敵であるはずの「鬼」たちにも悲しい過去があり、魅力的なキャラクターが多いところや映像の美しさも人気の理由だとおもいます。

 

 さてさて、ここは「お茶屋さん」のブログ。『鬼滅の刃』について語っている場合ではないのでお茶のはなしを(´艸`*)。

 

 「お茶屋さん」目線で『鬼滅の刃』を見ていきますと、気になるシーンがございます。仲間とともに重傷を負った炭治郎が施設で治療をうけている場面です。

仲間のひとり「我妻善逸」が湯呑を持って叫びます。

 

 「五回!?五回飲むの~?一日に? 三か月間飲み続けるの?この薬?(;゚Д゚)」

 「すげぇ苦いんだけど!つらいんだけど~!( ゚Д゚)!!」

 

 

【良薬は口に苦しといいますが】

 昔から「良薬は口に苦し」と申します。「ひとからの忠告は耳が痛いがありがたいものだ」という意味ですが、もともとの由来は文字通り。

 しかしながら、不味くて飲みにくいから続かないのでは意味がありません。弊社で扱っている健康茶の原料でいいますと「どくだみ」などが飲みにくいお茶として昔から有名ですが、いかに飲みやすく美味しいお茶に仕上げることができるか?が商品開発の腕にかかっているともいえるでしょう。

 

 TVの健康情報番組などで紹介され、一時的にブームになる「お茶」などがございますが、本当に健康効果を望むならば長く続けていただくことが一番大切な要件になります。

 

 皆様に愛され、長くご愛飲いただける健康茶を!今後も企業努力を続けてまいります(´▽`*)。

 

 

 

 

 

 

 二月以降に書いたブログ記事が、なぜか消えてしまって落ち込みながらこの記事書いてます(;´Д`)

皆様、コロナコロナで大騒ぎのなか、いかがお過ごしでしょうか(・´з`・)?

 

 さて、新型コロナウイルスの影響で・・・という、少々食傷気味な書き始めで申し訳ありませんが「不要不急の外出」を避ける生活が続いております。

 学校の臨時休校で、お子様が留守番されているご家庭も多いのではないでしょうか?。日中ご家庭でお子様が飲まれる飲料はどうされてますか?。

 

 おそらく学校に水筒で持参しているように「麦茶」などを沸かしていらっしゃると思いますが、この時期、注意が必要です。

 以前このブログでもおはなししましたが「麦茶」は非常に傷みやすい飲み物です。一日で飲み切ることができる量を作り置きするようにし、必ず冷蔵保存するようにしましょう。

 

【不要不急の外出がダメなときは】

 暗いニュースが続き、外出できないとストレスが溜まりがちですが、こんな時はいっそインドアを楽しんでしまいましょう。

 溜まったドラマの録画をイッキ見したり、気になる漫画を大人買いしてみたり・・・・・。この際時間がないとできないことを一気にやっちゃうのも楽しいものですよ(´▽`*)。

 

 そんなとき、ソファーのお供に「お茶」をどうぞ(・´з`・)。いろんな香りを楽しめる「大佐小町シリーズ」でお待ちしておりま~す(´艸`*)。

 

 

 

 

 

 

 

 早いもので、一月も下旬ですね。例年ですと節分の話題を書かせていただいているのですが、そういえばバレンタインの話題って書いたことないなぁ・・・なんてことを思い出したので・・・今日はこの話題を。

 

【はとむぎを使った健康的なスイーツを】

 皆様はバレンタインデーのチョコレートって、手作りされてますか?それとも市販のものを購入されていますか?

 丸菱の商品「はとむぎの実」を使うと簡単で健康的なチョコクランチが美味しく作れちゃうんです。そこでレシピをご紹介。

 

cup.jpg【材料】

 はとむぎの実 60g

 板チョコ 1枚

【作り方】

 はとむぎの実を軽く乾煎りし、すりこぎ等で軽く砕きます。

 板チョコを湯煎し、砕いた「はとむぎの実」と混ぜます。

 形を整え、冷やして完成!

 

stick.jpg 棒状にしたり、スプーン等で団子状にしても良し。チョコレートの量を増やして型に流しても良いでしょう。また、ホワイトチョコに変えたり、ドライフルーツを入れても美味しくいただけます。

 応用編として、雷おこし風に水あめで固め、ココアパウダーや抹茶パウダーでトッピングしてみても美味しいですよ。

mix.jpg バクちゃん本舗の「はとむぎの実」は、厳選されたはと麦の殻と渋皮を取り除き、選別精白(漢方薬名:ヨクイニン)。水に漬けてから蒸し加工後、乾燥・焙煎したこだわりの「煎りはとむぎ」です。

 はとむぎの風味をしっかり残しつつ、サクサクの食感に仕上げております。添加物等を一切使用しておらず、ご家族そろって、安心してお召し上がりいただけます。

 

 「はとむぎの実 150g」    500円(税込)

 「はとむぎの実 400g」 1000円(税込)  

   

   詳しくはこちら ⇒⇒⇒ 『バクちゃん本舗』 Yahoo!店まで。

 

 ぜひお試しください。ではでは~(・´з`・)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新年のごあいさつにて、子年のおはなしをしておりました。少し中途半端な感じが否めない・・・(*´Д`)・・・ので?もう少しだけ「子年」のおはなしを・・・。

 

【子年って特殊な年なんです】

 十二支最初の「子年」。宿敵「ネコ」を出し抜き、「ウシ」の頭に乗っかって見事十二支のトップに立った「ネズミ」の年ですが、「12」が「4」の倍数であることから、いろんなことが重なる「干支」でもあります。

 今年は「東京オリンピック・パラリンピック」が開催されますが、オリンピックは四年に一度。同じ子年のオリンピックといえば2008年の北京大会、1996年のアトランタ大会などがありましたが・・・四年に一度ということは、「子年は必ずオリンピックイヤー」ということになります。

 また、同じ理由から「子年は必ずうるう年」にもなります。今年の2月は29日ありますよ~(´艸`*)。

 

【目標を持って…】

 わたくしごとではありますが、この「ブログ」この一月で書き始めてちょうど四年になります。弊社のネット事業「バクちゃん本舗」の立ち上げにあわせ、ホームページの改修が行われることから始まったブログではありますが、まさかこれほど続くとは・・・( ゚Д゚)。長く続けていくことができたのも、読んで下さる皆様のおかげです。

 また、あわせて「バクちゃん本舗」も四年前はヨチヨチ歩き。私を含め、ITに縁のなかった社員たちが試行錯誤を繰り返しておりましたが、「四年」というスパンをひとつの目標としていった結果、なんとか軌道に乗り、今や安定した事業になりつつあります。

 

 一年というスパンでは変化がわかりにくいですが、「四年前」を振り返ってみると、大きな変化に気づくことができます。「令和最初の」お正月。そして「十二支最初の」お正月。あなたも「四年後」そして次の子年には「どんな人生を送っているだろうか?」と想像をふくらませ、また新たな目標を立ててみませんか?

 

 ・・・・・・・・とりあえず私は12年後は定年なんですけどね(´_ゝ`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~今年も楽しく新年会の巻~

 去る1月5日、丸菱岡山工場では、例年通り「工場のお祓い・初詣」ならびに「新年会」がおこなわれました。

 

oosajinnjya.jpg まず岡山工場では、地元「大佐神社」の戸部宮司による御祈念がおこなわれ、各製造機械や車両のお清めを行いました。

終了後、全員で大佐神社に参拝。今年一年の作業の安全を祈願いたしました。

 

 その後は新年会。今年も鍋を囲んでの賑やかな宴会となりました。

 

sinnnennkai2001.jpg 例年は小雪のなか行われることの多いお正月恒例のイベントですが・・・今年は天気もよくポカポカ陽気のお正月。冬期休暇が例年より長かったこともあって、久しぶりに顔を合わせた社員も多く、新年のあいさつの後、和気あいあいとした雰囲気のなかでの新年会でした。

 

 毎年最初のこの行事、春の穀物供養祭と合わせ、ながく大切に続けていきたいイベントですね(・´з`・)。

 

 さて、今年もお茶づくりに励みますよ~(´▽`*)!

 

 

| 1  2 |

アーカイブ

オンラインショップバクちゃん本舗
株式会社丸菱
お問い合わせ